ユーパーライト・ブレスレット

38,000円(内税)

在庫状況 残り1

石についてユーパーライト(スペリオル湖、アメリカとカナダの国境のあたりで産出)10mm珠
サイズ内周約16.5cm


新種の鉱物発見!ということで昨年話題になった石、ユーパーライトです。
見たところはただの石ころ?という感じですが、紫外線ライトをあてると蛍光します。
それでも「結晶」的な感じではなくて、ただの石ころ?みたいな風情は変わらないのですが、これを川原で発見する動画を見ると、もうファンタジーの世界そのもので、感動的です。



2017年夏、米国とカナダの国境沿いに位置するスペリオル湖周辺でエリック・リンタマキ氏により発見されました。2018年に鑑別の結果、新種の鉱物ということが判明します。
リンタマキ氏により、ミシガン州のアッパー半島に暮らす人のことを「ユーパーズ」と呼ぶことからユーパーライト(YOOPERLITES)と命名されました。
この石を探すツアーが組まれるなどして、注目を集めているようです。私も野生のユーパーライトを見てみたい!

この石は先の動画でもある通り、UVライトを照射した際に黄色く発光します。「黄金の光を発する鉱物」という具合にファンタジックさがもてはやされているようです。

仕入れ先が鑑別を取った結果、長石・方曹達石・錐輝石・黒雲母から構成されている閃長岩(ソーダライト・サイエナイト/含方曹達石閃長岩)という鑑別結果となりました。
ユーパーライト中のソーダライトは強く蛍光し、通常のソーダライトとは違う亜種になり、この変種名は宝石界ではまだ確立されていないことから新たな宝石名が今後、付けられる可能性があるそうです。

さて、あまりに新しくて日本に入ってこないため、価格は上がる可能性があります。
ユーパーライトのブレスレットはだいたい全体的に黒っぽいのですが、こちらはベージュ系の色みの部分がメインとなった一本でした。これならお洒落に着けられるのでは?と思い、一本仕入れてみました。

出てきたばかりなのでパワー的なことについてはあまり見つけられなかったので、加勢先生に聞いてみましたところ

「土っぽい、地っぽい。固まる印象が強いとしたら、さらけ出す、本質を固める。覚醒の石。」

というようなキーワードでした。
いろいろと解釈できそうなので、そのままを書いてみました。
「固まる印象が強い」というのは、地のエレメントの持つ力のことです。
話をまとめる、思いついたアイデアを形にする、安定させるといったエネルギーです。

私が聞いた感じですと、自分自身の本質を開放して現実にかたちと成し(覚醒)、周知認識してもらうような活動をサポートするようなことではと感じました。