アンダラ・ペンダント(エターナルスプリング2)

21,000円(内税)

在庫状況 1

石についてボロシリケイトガラス、アンダラクリスタル
サイズ丸い部分:直径約20mm


大胆にもアンダラクリスタルを溶かして、強化ガラスの中に花を咲かせるように細工したペンダントヘッドです。
こんなことをしてしまうなんて!とびっくりします。そしてこのセンスに脱帽です。

アンダラクリスタルというのは、アメリカのシエラネバダ山脈の麓で、ネリー夫人と呼ばれる女性が自分の所有する土地の中で見つけ、拾っておいていたところを、霊能力者が「この石のヴィジョンを見た、ぜひこれをもっと探して欲しい!」とリクエストし、世に出ることとなりました。
主にエネルギーワークをしている人達がその石を絶賛し、愛好家となっています。

こちらのペンダントに入っているアンダラクリスタルは、「エターナルスプリング」という名前の、シエラネバダ産のネオングリーン色のアンダラだそうです。こちらは少し直径の大きめのペンダントです。

アンダラはその色によってもつエネルギーが変わるといわれていて、大体は色の持つ意味に近いものとなっていますが、こちらは明るい緑色が新芽をイメージさせるように、新しい成長と再生のエネルギーを活性化しサポートします。

まさに春の訪れのような、そしてそれが永遠に続くような生命力に溢れた緑色。花というよりはハーブが中に閉じ込められているようなペンダントです。
鮮やかな色は隠れた可能性を引き出し、現在のレベルから次のレベルへと移行します。 強大な樫の木になる一粒のドングリのように、はるかに大きな未来の自分へ気づき、希望をつなげ、エネルギーを満たします。

さて、エターナルスプリングには「永遠の春」以外に「永遠の青春」という和訳がなされることもあります。
ロダンの男女がキスしている彫刻に名付けられた名前が「Eternal Spring」です。この彫刻はダンテ「神曲」の中に出てくる禁断の恋のワンシーンが躍動感あふれた彫刻です。

あらゆる色の花やハーブがいつまでも咲き乱れる春の庭のイメージでもありますが、永遠に続くと思われるときめきに細胞が沸き立つようなあおい時間の感覚も、このきらめく緑の中にあるのかもしれません。





アンダラクリスタルについては、こちらのブログをご覧ください。



<取り扱いについてのご注意点とお願い>
  • 耐久性にすぐれ、軽くて丈夫な特殊ガラスを使用しておりますが、ガラス製品は強い力や熱、衝撃は割れやカケの原因になりますので、お取り扱いには十分ご注意ください。

  • カケやヒビが入った場合はご使用をお控えください。

  • 汚れが気になるときは布で磨くと輝きが戻ります。

  • アンダラクリスタルのフラワーは変化する場合があります。花が咲き誇るように花びらに部分に気泡が発生したり、天然石のようにクラックのレインボーができたりすることもあるかもしれません。その際の使用につきましては自己責任でご判断願います。