カート
ユーザー
絞り込む
カテゴリー
グループ
コンテンツ
アジャンタクォーツ・リングA
26,000円(内税)
236 ポイント還元
在庫なし
アジャンタクォーツ・リングA
26,000円(内税)
236 ポイント還元
素材について水晶(インド・アジャンタ産)、シルバー925
サイズ石の大きさ:13mm×12mm(石留め含む)12.5号


最近は見かけることも少なくなってきました、インドのアジャンタ遺跡近くにて近年発見された、自然現象による虹の層を持った水晶です。
こちらの指輪に使われているルースは、色の幅が広く、赤〜紫まですべての虹色が出ます。緑がややメインで、見やすいように思います。

この虹色の層、コーティングではなくて結晶構造によるものなんですね。
反射の性質の異なる層が幾重かに形成され、光が様々にプリズム状に反射し、いろんな色の光で輝いているように見えるのだそうです。蝶の羽根が角度によって色が変わるのと同じ現象と言われていました。
よーーく見ると、水晶の表面の皮一枚下に、この虹色の層があるのがわかります。

近年発見されて、おもしろい構造をもっていたことから、「すごい!!!」と大絶賛でした。
周りの空間やオーラ、エネルギーバランスを整えながら、エネルギーを上昇させる、イマジネーションを活性化させる、持つ者に気づきの心や前向きな思考を与えることをサポートするといわれていました。

パワフルといえばパワフルなのですが、穏やかさのほうが勝っている感じがします…パワフルといえば「ガツン!」と感じるものがあるとかそういう印象ですが、そうではないんじゃないかと思うんですね。
古い水晶が持っている特徴も感じますし(純粋で静かで枯れたor固定されたような)、その中で「変化(へんげ)」といった動きや巧みさのキーワードも浮かびます。
心に変化を起こす、流動させる、マジカル、遺跡に残る魔術。古代、天空と地上がまだ分かたれていない時の遺産、とか。

あまりにこういうことを書くとイメージが固定されそうなので、これ以上は控えますね〜。
ヒーリングのエネルギーが強いとされている水晶です。
ぜひご自身でその光を感じて、ともに過ごされてみてください。