10,500円(内税)

在庫状況 この商品は売り切れました。
ありがとうございました。

材質についてガーネット、ヒメコマツ
サイズ37mm×24mm×15mm


桑坂碧作小さな木彫像です。

一粒の雫を大事にかかえ、どっしりと座った像です。
雫は高品質のガーネットになります。
初の光背のついた、大粒ガーネットの美しい像です。

後光が差しているというよりも、
この像の人(仏)が持つオーラがこのように広がっていると
イメージして彫りました。

ガーネットはルーツをたどる、根源、自分自身の芯となるものと向き合う、
こつこつと積み上げて、完成させるパワーをサポートする石です。
自分の中にある芯、源から受け継いだエッセンス、
生まれてくる時に決めた消えない心、
それらを内観して熱を得るような像になればと思いました。

仏教では「機根」という言葉があるそうです、
ウィキペディアに面白いことが書いてありました。
「仏の教えを聞いて修行しえる能力のこと。また仏の教えを理解する度量・器のこと」で
教えを説く側が衆生の根を見てとって、理解できるように諭すのだそうです。
「根性」「性根」の根ですね。
「利根(素直に仏の教えを受け入れ理解する人)」でありたいですね。

見る人の状態によって、むっとしているようにも
静けさを愉しんでいるようにも見える顏にと
表情をつけないようにしました。


木彫像はお守りとして持ち歩いたり、棚に飾ったり、
ふと目にした時、気が和らぐような場所に置いてみて下さい。

木はヒメコマツを使っています。
穏やかで素直で、やや柔らか目の木材です。
時間が経過すると日に当てていなくても焼けてきます(色が濃くなります)。
経年変化もお楽しみ下さい。

ヤスリを使うと木の目を押しつぶしてしまうことになります。
木の目を活かすために、彫刻刀のみで仕上げています。