ペンダント:繭(桜)

13,000円(内税)

在庫状況 この商品は売り切れました。
ありがとうございました。

素材について桜材、革紐(直径2mm)
サイズペンダント部分66mm×28mm×27mm、革紐の長さ1m(調整可能)、約15g


桜材で作った、繭型ペンダントです。
私もいろんな木で作り、よく身に着けています。
今身に着けているものは革紐を交換したりして、もう6〜8年位使っています。

大きいのですが、木でできていますのでそれほど重くはありません。
1mの革紐を通しています。好みの長さに調節して着用してください。

穴開け以外は全くの手作業で削り出しています。
私がこれを作るのには時間がかかるのですが、出来上がる頃には
身体が筋肉痛でボロボロになります(笑)
かなり覚悟を持って始めなければ作れないのですが、
手で削り上げたものだけが持つ、独特の優しさがあると思っています。

削る際に心に歪みがあると、うまく出来上がらない、
仕上がりに調和に欠けるような感じがぬぐえなくなります。
ストレス解消にとやっていた時には、ざっくりと手をケガすることもありました。
それ以来、木に感謝しながら削るようにしています。
削っていると、木の記憶のが影響して、その感情がシンクロしてくることもあります。

桜は柔らかい風合いで赤みが濃い木質で、削ると粘りがあります。
「何かをしてくれる、寄り添ってくれる」ような感じの木ではなく、
聖なるもの、不可侵のものとしてそこにただ「在る」、シンボルのような木で
ご本人自体がどこかしら精霊っぽさを持つような方とよく合う、
そういう方によく選ばれるのではないかと考えています。

なかなか作れませんので、気になりました方はぜひ
この機会にお手にとってみて下さい。