琥珀竜頭ペンダント

39,000円(内税)

在庫状況 1頭

購入数

石について琥珀
サイズ53mm×23mm×16mm


琥珀(アンバー)に精密に彫られた竜の頭です。
東洋の龍というよりは、西洋の竜のデザインになっています。
穴の径は約3mmです。

鱗のひとつひとつが丁寧に彫られています。
お顔は歯をむき出しにして何かを威嚇するような顔なのですが、目がとても慈悲深く感じ、角度によってはとても優しく見えます。良いお顔です。
頭には角があり、下の面は段々に彫られています。
とてもリアルで、生きているようです。大切にしたら応えてくれるように感じてしまいます。

琥珀は樹液の化石ですから、樹と地のエネルギーの強いものでしょう。
琥珀の雰囲気と竜の鱗の感じがとてもマッチしています。
鼻の部分に透明感があり、鼻が光っているように見えます。

<2017.8.23 追記>
本物の琥珀かどうか、コパルや圧縮されたものの可能性についてですが、仕入れ元に問い合わせをしましたところ、返答をいただきました。
産地は、メキシコかドミニカだそうです。両方の産地のものは、バルト海産のものと違い地中で高い圧力がかかっているため密度が高く、気泡がはいりません。なので圧縮する必要もなく、また硬度もバルト海より高いので加工に向いいるのだそうです。
コパルだと十分な硬度もなく、カービングをしているとだれてくるそうで、琥珀でないと細かい細工のものは出来上がらないので、琥珀しか使っていないとのことでした。

実際に当方でも最新の注意を払って飽和食塩水に浮かべる実験をしましたが、浮き上がっておりました。