ラサ産赤瑪瑙ブレスレットA

65,000円(内税)

在庫状況 この商品は売り切れました。
ありがとうございました。

石について天然赤瑪瑙(チベット・ラサ産)13.5mm珠
サイズ内周約16cm


血のように濃く赤く、不透明な色なんですが輝くような紅色で、「これは一体なんだ?!」と思い手にとったところ、なかなかのお値段でした。
仕入れ先にお話を聞いてみたところ、チベット・ラサで産出された瑪瑙とのことでした。
あまりこの石についての情報はあがっていませんが、中国では珍重される石だそうです。

赤い瑪瑙というと「そんなに高くないでしょ、いっぱいあるじゃない」って思ってしまうのですが、それらは着色されたものであることがほとんどで、天然の赤瑪瑙は、やっぱり高いです。
うちの商品でいえばエレメントストーンの火を担当してもらっている赤瑪瑙の石がありますが、実は小さくて他のものより仕入れ値が高いものです。(水晶も高いです)

その天然の瑪瑙でこれだけ赤く、不純物も少ない、貴重なものになります。
情報としてはそういったことがあげられますが、とにかく実物の持つパワーがすごいんです。

パワーストーンのパワーというと、微細な波動とか、見えないエネルギーが高次元で働いて、チャネリング能力でなければ実感しづらい(もしくははじめから生身で体感することはできない)と認識してしまっているようなエネルギーのことかと思ってしまいますが、この石のパワーはちょっと違います。

有名人・著名人のオーラ、政治家の方々の持つ「腹の底からでる強さ」、人間力みたいなものって誰でもわかるじゃないですか。ああいった感じの強さがすごいんです。
一目見れば「わぁすごい!」と思えます。
やっぱり瑪瑙は石英のおかげで、人の身体に近いのでしょうか。

古代の人々がこの石を掘り当て、宝として丁重に扱っただろうと想像できます。

数点あった中から、赤が美しく、ぱっと輝いて見えるようなものを選んできました。
ホッカイロのように持ち運べる「熱」、人間力・底力をあげる、不動明王の炎のような浄化方法での浄化(強力なものによる上塗りみたいな)、そんなサポートになりそうです。
身につけると肌の色が明るく見えて、とても優雅ですよ。それも意外な点かもしれません。

※直径4mmほどの平らな面を持つ珠がひとつございます。
(一番下の写真をご参照ください)